kuro

kuro の紹介

元メイド・イン・ジャパンのセレクトショップのバイヤー。オリジナルキャラクターの黒ちゃんが日本のファッションを発信していきます。

販売員という仕事

販売員は技術職です。

ここ数ヶ月、「百貨店」と呼ばれる場所でお仕事しておりました。

ヒト・モノ・バショ(コト)が揃っている職場です。

日々、数えきれない人々のご来店。最初は目を回したりしましたが、次第に慣れて、行き交うお客様にどんな提案が出来るかと考えるようになりました。

この仕事は売上高が命です。

しかし営業時間には限りがありますから、常に数字と時間の意識がないと、流れる業務に翻弄されて、気が付くと閉店時間となってしまいます。

予算は日別、月間、年間とありますから、まずは日々を達成するところから考える方向です。

販売スタイルは担当ブランドによって決まっている部分もありますが、基本以外は自分流であるといえると思います。

つまり、100人の販売員が居れば、販売スタイルも100通り。

数字の目標はあれど、皆が個人事業主のようなものです。

時には、販売員通しぶつかり合いもありますが、同じ目標を持った同志と思った方がやりやすいでしょう…

この仕事での楽しさは、お客様への提案が上手くマッチングした時です!

その点ではヒトとモノのコンサルタントとも言えると思います。

ただこのコンサルが瞬時に出来るようになるにはある程度、年数を働く必要はあるし、その時代に合った販売センスは必須です。

私個人の感想ですが、販売した当日ではなく、リターンして、先日の購入品が良かったと言われた時にはニンマリし、嬉しくなります。

また人によってはお電話頂いたり、お手紙頂いたり、感謝の気持ちを頂く度、この仕事をやっていて良かったなと思います。

数字と時間の意識をし、マッチング、コンサルティング、そしてセンス。そして最終的には管理能力。

全て揃って販売員が出来ます。

近い未来、AI(人工知能)搭載の販売ロボットがスタッフの一員になるかもしれない。

お客様が希望だけ入力すれば、それに見合ったモノを提案してくれるかもしれない。

しかし「センス=感覚」だけは真似できないと思います。

センスをキープし、数字と時間の意識を持ち、マッチング技術、コンサルティング技術、管理技術を常に磨いていけば、向上できるのではと思います。

という事で、

販売員は技術職と言えるのです。

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Amazon Fashion Week 2017-18 AW

今年のアマゾン・ファッション・ウィーク。

2017年3月の事で、5ヶ月前のことですが、3〜4ブランドを観ることが出来ました。

中でもこちらのショーが印象的でした。

TAAKK(ターク)

ストリート・ファッションらしくホール外の通路(ストリート)をランウェイに作品発表。

「ファッションが好き」を素直に等身大に表現した良いショーだと思いました。

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Amazon Fashion Week2

10月22日(土)に観たのはEtosence(エトセンス)

  
白い棒が立てられたランウェイでした。メンズ中心のブランドで、時折レディースが入るショー構成で、上質でシンプルなライン。

サイズレス、ジェンダーレスのスタイルで、色やレイヤードで変化しつつ、パンツのサイドがジッパーで開きスリットになったり、袖が左右で違ったりと遊び感が有りました。

 
インスタビデオが入れられず、、、会場の絵にします。

渋谷ヒカリエAホールで行われたショーは土曜日とあってか立ち見もあり、満員状態。

若いファッションピープル含め、それぞれに真剣な眼差しでショーを見ていたのが印象的でした。
ETHISENS

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Amazon Fashion Week1

今まで冠スポンサーだったメルセデスベンツに代わりアマゾンがスポンサーとなり、2017年春夏のファッションウィークが開催されました。


キーヴィジュアル。

これまで通り渋谷界隈にて、ランウェイはヒカリエホールを中心に発表されました。


ヒカリエ前にディスプレイされているのは映像投影出来るキューブ型のオブジェ。かつてベンツが置かれていた場所です。


ディスプレイには少し懐かしいAIBOも。「ファッションウィークは〜」と語っていました。

この日観たのはJOHAN KU(ヨハン・クー)

光る加工をしたニットを見たのは5年前ですが、今やメンズ、レディース提案のトータルのブランドに成長していました。
コレクションの様子は公式HPから見れます↓

Johan Ku

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

旅するルイ・ヴィトン VOLEZ VOGUEZ VOYAGEZ LOUIS VUITTON

ご無沙汰しております。色々と事情があり、Blogを書けないでおりました。

そんな間にも市場にメイド・イン・ジャパンのお洋服増えましたね。個人的に嬉しい限りです。

今日は日本製ではないですが、先日観に行ったルイ・ヴィトンの展覧会について書きたいと思います。

 ほのかにライトアップが壁に映る夕暮れ時に行きました。

入場無料とさすがラグジュアリーブライトならではの懐の大きさ。

トランクバッグを作り始めた創始者。

衣服を入れたり、靴を入れたり用途に合わせた数々のトランク。

シンディ・シャーマンとのコラボレーション。

ダミアン・ハーストとのコラボレーション。なんと手術道具入れとの事。

ご存知日本のアーティスト。村上 隆とのコラボレーション。



砂漠に海に旅する時は、、ルイ・ヴィトンならではの提案がありました。


中盤の飛行機ディスプレイによる展示は迫力でした。

車のタイヤ入れだったり、香水に爪磨き入れだったり、すっぽりとサイズぴったりな箱型キャリー達。

中でもお気に入りは本棚付きトランクとレコードトランク。(レコードトランクは写せませんでした。)

贅沢品であり、限られた人しか使えなかったにしろ、生活必需品を入れ、安全に運ぶために設計されたトランク。その時代の技術を組み込んで職人達の手によって一つ一つ作られたモノは感動でした。展示最後の部屋には現在の職人さんが革のタグを制作している所を見ることが出来ました。

ルイ・ヴィトンが提案する旅と一緒に歴史と伝統を感じることができる、そんな展覧会です。(もちろん関わったデザイナー達の主たる作品も展示。最新の二コラ・ジェスキエールも有りますよ。)

館内は美術館にあるような音声ガイドがあり、聞きながらの鑑賞もオススメです。

スタッフの方々はスマートな対応で、作品、空間、雰囲気共に贅沢でした。

ルイ・ヴィトン展覧会
6月19日まで。

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail