映画Dris Van Notten

この美しい世界観の着想源は?

ドリス・ヴァン・ノッテンのショーを見る度、溜息と共に首をかしげておりました。

上映中に見逃してしまったドリス・ヴァン・ノッテンのドキュメンタリー「ファブリックと花を愛する男」。恵比寿のガーデンプレイスの中庭、真夏の夜、ピクニックシネマにて...やっと観ました!

場所柄かファッション・ピープルも居て、目で追いたくなるお洒落な方が。

こちらのガーデンピクニックは7月26日~8月25日週末にかけて Kino Iglu(キノ・イグルー)プロデュースで開催。無料で観れるとあって人気で座れず柵の縁に腰掛けましたが、心地よい風が吹いていて終始、快適でした。(あとから判りましたが送風機のお陰でした)。

各々の食べ物飲み物を持ち寄り、リラックスムードの中、映画がスタート。

ドリス・ヴァン・ノッテンはベルギーアントワープシックスの一人。

取材嫌い、職人気質、表に出るのを嫌うデザイナー。

そんなドリスはやはり独特のムードを持ち、生地を並べては次のコレクションに向けて選別。モデルをトルソー替わりにコラージュするように布当てていき、生地遊び。プライベートもパートナーの彼がぴったりと側に付きます。

愛犬も登場しますが、きっとこんなハードワーカーには付き合いきれないでしょう...寝ているシーンがフッと笑わされました。

映画ではメンズのコレクションがフォーカス。フォトシューティングよりもやはり完成に至るまでの生地選びや分量計算、シルエット等、プロセスが印象的。あるコレクションではテーマを決めてプリント生地を作ったり、ファブリックに至るまでの工程も出てきます。

自宅を使ったりスタジオだったり広いスペースに山ほどの布地を並べて、じっくりと見ていきます。

一つのコレクションが終われば、また次のコレクションとファッション業界にいると、「休み」という単語を忘れます。映画でもメンズレディース共に発表しているシーズンがあり、やはり多忙極まりない状態がありましたが、それでもプライベートのドリスに焦点を当てています。(気難しいデザイナーを等身大で自然に撮る、難しい撮影だったそうです。)

言語は英語ですが、終始落ち着いた空気感を纏っていて、きっとその雄大さはあの広大で美しい庭から培っているのだと思いました。またドリスの作る洋服から放つ独特の色は、彼にとっては身近な自然美であることが解りました。

布地は植物のモチーフ柄だったりとても魅力的。映画中、素敵な生地!と思っているとまたその上に生地を重ねたり、ここにはこの生地を差し込もうと試行錯誤しているシーンが有りましたが、私的には1枚でも素敵な布を何とも贅沢使い...とよだれ状態でありました。

映画の最後はデザイナー念願のオペラ座で行った2016-17年秋冬のメンズが登場しますが、より世界観の解りやすい同年秋冬と2017年春夏レディースのショーを貼っておきます。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

映画アレキサンダー・マックイーン

映画McQueen モードの反逆児を観ました。

画像は公式サイトより

心にとても重い…映画でした。

服作りの強い情熱、天才と言われる才能
それを支えるアトリエのメンバ-
一つのブランドに掛かる資金
コレクションに振り回されるスケジュール
契約ブランドやカンパニーの意向

プレッシャーに押しつぶされそうになる日々。

ファッションの世界に入り駆け出しの10代から自殺する40歳までを追ったデザイナー アレキサンダー・マックィーンのドキュメンタリー。

一つ一つのショーに込められたテーマが重苦しく、何よりも服を通しての表現力が物凄い。
テーマに対して制作、コレクション発表、PRにセールスとアトリエを取り巻く人々はさぞ大変だったと共に、経験した事がない仕事の連続だったのだろうなと想像出来ます。

生い立ちから見て強味は、資金を考えられるデザイナーであった事。ロンドンのイーストエンド出身、裕福ではない家庭で育ち、セントマーチン大学の授業料も叔母さんに払って貰ったとのエピソードも。資金使徒についてはその後ビジネス上の事件もありますが、基本は自身のブランドを支える守る為にしっかり調達していたのだと思います。(のちに遺産を奨学金制度に寄付しています)

セントマーチンユニバーシティではMA(マスターコース)卒業コレクションについて「彼は資金調達、制作、発表まで何でも全て自分でやり遂げたのよ」。きっかけは与えたけど彼自身の実力よと言い切っている潔い教育者も登場します。

また修行時代にイタリアのロメオ・ジリにジャケットについて何度もダメ出しを受け、裏地を外したら見えるところに「クソ野郎」と刺繍したエピソードや、失業保険で生地を買ってショーをやり、インタビューされても顔出しNG(失業保険は失業者に払われる為、働いている事がバレないように)だったり、愛犬に会えなくて寂しいようと子供のような一面まで知ることが出来ました。

(ショー終了の挨拶でランウェイでお尻を出したり、悪ガキイメージを持ってましたが、その印象は間違ってなかったようです。)

映画の中でも時折、登場するお母さん。かけがいのない愛情があったようです。6人兄弟の末っ子として育ったからかもしれません。

ただ次第に世の中に認められ多忙になり自分を見失って行き、ドラッグに走ったり(この時代は違法、現在は合法)、ドラッグ所持で捕まったモデル、ケイト・モスを映像で登場させたりしたそれは、創造性に才能は揺るがなかったけれども、彼の精神を支えるものは他には無かったのだろうかと考えさせられます。

さらりと最後の方にHIV感染のサブタイトルが入ったが、そうだったのかと痩せたマックイーンを見て涙が出て来ました。

ただインタビューで50人のスタッフやその家族、スタッフの中にはローンがあったりするからと年間10以上のコレクションといえでもやらなくては!とアトリエを支える経営者としての責任も伺えます。そして自分は「孤独だ」と結び、その重圧は逃げ場のない相当なものだったと思います。

マイケル・ナイマンの音楽が彼の心情とシンクロするかのように挿入されていて、映画を彩ります。

彼の心の闇をファッションを通して終始魅せられた映画でした。

… 暗黒の中に見える美 …

… 美の中に見える暗黒 …

個人的には2001年のVossのショーが好きですが、2009年(2010年春夏)、リー・アレキサンダー・マックイーンによる最後のコレクションを貼っておきます。

*リンクによる問題が発生した場合は、削除いたします。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

販売員という仕事

販売員は技術職です。

ここ数ヶ月、「百貨店」と呼ばれる場所でお仕事しておりました。

ヒト・モノ・バショ(コト)が揃っている職場です。

日々、数えきれない人々のご来店。最初は目を回したりしましたが、次第に慣れて、行き交うお客様にどんな提案が出来るかと考えるようになりました。

この仕事は売上高が命です。

しかし営業時間には限りがありますから、常に数字と時間の意識がないと、流れる業務に翻弄されて、気が付くと閉店時間となってしまいます。

予算は日別、月間、年間とありますから、まずは日々を達成するところから考える方向です。

販売スタイルは担当ブランドによって決まっている部分もありますが、基本以外は自分流であるといえると思います。

つまり、100人の販売員が居れば、販売スタイルも100通り。

数字の目標はあれど、皆が個人事業主のようなものです。

時には、販売員通しぶつかり合いもありますが、同じ目標を持った同志と思った方がやりやすいでしょう…

この仕事での楽しさは、お客様への提案が上手くマッチングした時です!

その点ではヒトとモノのコンサルタントとも言えると思います。

ただこのコンサルが瞬時に出来るようになるにはある程度、年数を働く必要はあるし、その時代に合った販売センスは必須です。

私個人の感想ですが、販売した当日ではなく、リターンして、先日の購入品が良かったと言われた時にはニンマリし、嬉しくなります。

また人によってはお電話頂いたり、お手紙頂いたり、感謝の気持ちを頂く度、この仕事をやっていて良かったなと思います。

数字と時間の意識をし、マッチング、コンサルティング、そしてセンス。そして最終的には管理能力。

全て揃って販売員が出来ます。

近い未来、AI(人工知能)搭載の販売ロボットがスタッフの一員になるかもしれない。

お客様が希望だけ入力すれば、それに見合ったモノを提案してくれるかもしれない。

しかし「センス=感覚」だけは真似できないと思います。

センスをキープし、数字と時間の意識を持ち、マッチング技術、コンサルティング技術、管理技術を常に磨いていけば、向上できるのではと思います。

という事で、

販売員は技術職と言えるのです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Amazon Fashion Week 2017-18 AW

今年のアマゾン・ファッション・ウィーク。

2017年3月の事で、5ヶ月前のことですが、3〜4ブランドを観ることが出来ました。

中でもこちらのショーが印象的でした。

TAAKK(ターク)

ストリート・ファッションらしくホール外の通路(ストリート)をランウェイに作品発表。

「ファッションが好き」を素直に等身大に表現した良いショーだと思いました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

旅するルイ・ヴィトン VOLEZ VOGUEZ VOYAGEZ LOUIS VUITTON

ご無沙汰しております。色々と事情があり、Blogを書けないでおりました。

そんな間にも市場にメイド・イン・ジャパンのお洋服増えましたね。個人的に嬉しい限りです。

今日は日本製ではないですが、先日観に行ったルイ・ヴィトンの展覧会について書きたいと思います。

 ほのかにライトアップが壁に映る夕暮れ時に行きました。

入場無料とさすがラグジュアリーブライトならではの懐の大きさ。

トランクバッグを作り始めた創始者。

衣服を入れたり、靴を入れたり用途に合わせた数々のトランク。

シンディ・シャーマンとのコラボレーション。

ダミアン・ハーストとのコラボレーション。なんと手術道具入れとの事。

ご存知日本のアーティスト。村上 隆とのコラボレーション。



砂漠に海に旅する時は、、ルイ・ヴィトンならではの提案がありました。


中盤の飛行機ディスプレイによる展示は迫力でした。

車のタイヤ入れだったり、香水に爪磨き入れだったり、すっぽりとサイズぴったりな箱型キャリー達。

中でもお気に入りは本棚付きトランクとレコードトランク。(レコードトランクは写せませんでした。)

贅沢品であり、限られた人しか使えなかったにしろ、生活必需品を入れ、安全に運ぶために設計されたトランク。その時代の技術を組み込んで職人達の手によって一つ一つ作られたモノは感動でした。展示最後の部屋には現在の職人さんが革のタグを制作している所を見ることが出来ました。

ルイ・ヴィトンが提案する旅と一緒に歴史と伝統を感じることができる、そんな展覧会です。(もちろん関わったデザイナー達の主たる作品も展示。最新の二コラ・ジェスキエールも有りますよ。)

館内は美術館にあるような音声ガイドがあり、聞きながらの鑑賞もオススメです。

スタッフの方々はスマートな対応で、作品、空間、雰囲気共に贅沢でした。

ルイ・ヴィトン展覧会
6月19日まで。Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail