ESPRIT DIOR ディオールの世界

Diorの展示は銀座4丁目の交差点から1分位歩いて、3丁目のビルで行われていました。

携帯を持って探していると、黒服のスタッフが2人、カーテンを開けてどうぞと中へ誘導してくれました。

IMG_5966.JPG

街の音が消え、ディオールの世界へ。
1階2階と地下のある、3階建てのビルでした。

IMG_5925.JPG

IMG_5923.JPG

想像以上にアートやアーティストと深く関わっていたメゾンである事が判りました。

IMG_5932.JPG

IMG_5931.JPG

クリスチャン・ディオール自身がギャラリーのオーナーをして折、ピカソデュフィブラックダリジャコメッティキリコレオナール・フィニに親友のクリスチャン・べラールの作品を飾っていたと有ります。

IMG_5942.JPG

芸術からファッションの世界に行き、アートな洋服が生まれるのは自然な流れ。また日本文化に憧れ、刺繍や生地を取り入れたとも有りました。

IMG_5938.JPG

IMG_5936-0.JPG

着物のようなスリーブに帯、刺繍が見られました。

IMG_5947.JPG

赤いシリーズはミニチュアで制作されてました。とても可愛かったです。

IMG_5953.JPG

IMG_5951.JPG

美しいヴィジュアルが各所に展示。足を止めてうっとりしてしまいました。
星座の画面があり、星をタッチするとDiorミューズが観れる展示も。

IMG_5954.JPG

IMG_5956.JPG

3階に上がるとライブラリーとなっていて、関連書が陳列され、自由に読めるスタイル。
海外で欲しい!持って帰りたい!だけど重いし、ムリ。
と諦めた方、こちらに分厚い本もありましたよ。
バックの写真はDiorをオマージュした各アーティスト、職人さんの作品。

IMG_5963.JPG

IMG_5959.JPG

地下に降りるとマリエ(ウェディングドレス)がずらり。
職人さんがレディ・ディオールのバックを作る実演スペースもあり、熱心に手元を見ている方が居ました。

IMG_5958.JPG

こんなに魅力たっぷりの展覧会が無料で開催。
ファンは勿論、ファッションに浸りたい方、美しいものが見たい方、行くしかないですよ。
最新のラフ・シモンズまでディオール・メゾンの歴史が詰まった展示、好きな人にとっては贅沢三昧です。

最後はDior化粧品の映像。


ESPRIT DIOR ディオールの世界オフィシャルサイトはこちら

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

エルメス LEATHER FOREVER

お天気な朝でしたので、上野の国立博物館に行って来ました。

目的は休館中の表慶館で行われている特別エキシビション エルメス「レザー・フォーエバー」。

情報をかなり以前に見たにも関わらず、最終日の駆け込み訪問。

9時半開館で9時過ぎに行ったら、既に4〜50人は並んでました。

IMG_5856.JPG

IMG_5855.JPG
館内に入ると、先ずは革の匂い、、
たくさんのレザーが展示してありました。

IMG_5861.JPG

IMG_5860.JPG
バーキンを作る為のパターン(型)が光の映像で赤いレザーの上になぞられていきました。

IMG_5863.JPG
撮影OKですが、フラッシュはNG. 皆、熱心に撮影していました。
革製のサイは圧巻。

IMG_5874.JPG

IMG_5870.JPG
エルメスと言えば馬具。
二本の針を持って縫っている映像、観たことありませんか。
頑丈なモノ作り。職人芸の賜物です。
こちはらカラフルなタイプ。下は乗馬用ブーツ。

バックの持ち手型になっている展示説明。オシャレです!
IMG_5881.JPG

IMG_5903.JPG
レザーづくしの展覧会だけあって、コルセットもレザー製。
エルメスのデザイナーを務めたジャン・ポール・ゴルチエの作品。
IMG_5899.JPG

IMG_5901.JPG
上はバーキン勢ぞろい。バッグinバッグの展示風景。
下の映像は、バッグを使ったプロジェクション・マッピング


会場も広いですが、えっこんなに!という位たっぷりとエルメスの世界を魅せてくれました。
IMG_5911.JPG

IMG_5907.JPG

彫刻だって持っちゃいますよバーキン。
こんな博物館とのコラボ的なインスタレーション。
遊び心を感じました。
IMG_5914.JPG

暗い写真もありますが、少しは世界観伝わりましたでしょうか。

素晴らしい展覧会でした。

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

KENJIHIKINO2015SS展示会

11月は寒いだろうと予測してましたが、昨日2日は20℃近く。

春夏の展示会にピッタリの気温となりました。

KENJI HIKINOさんの来期のご紹介です。

KH2015SS1 KH2015SS2 KH2015SS3

春夏らしい軽やかさ、色使い、素材使いが有りました。

Hats

サロン・ド・シャポー学院さんとコラボレーションして作った帽子。

実際の春夏を過ごすと思ったより暑くて、、、ご自身の過ごす兵庫県の気温を考え、

夏に適したよりリアルクローズをと、軽いシャツやスカートが目立ちました。

カットソーやTシャツにも重ね着しやすそうなキャミソールワンピも登場。

Japanese paper front

洗濯可能な和紙素材を約20%使用した生地のシャツ。

紙の軽さはご存知だと思いますが、その風合いも独特。

こちらも兵庫県産との事。

声が入ってますが、動画UPします。

*5日まで。展示会ですが、個人受注できます。

11/2(Sun) 13:00-19:00
11/3(Mon) 12:00-19:00
11/4(Tue) 12:00-19:00
11/5(Wed) 12:00-18:00

RECTOHALL恵比寿
http://rectohall.com/
東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 greenhills GF 3F
恵比寿駅徒歩8分

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

廣川玉枝展 身体の系譜@渋谷西武

3連休は秋晴れと曇り、そして雨となりました。台風が迫っていますので、お出掛けの方、充分お気を付け下さいませ。

廣川玉枝展 身体の系譜~Creation of SOMARTA~

を観て来ました。SOMARTA(ソマルタ)のデザイナー廣川玉枝さんの展覧会です。

展覧会入り口

会場は撮影可の環境。記録を残したい人にとって有り難い(ブログを書きたい人も!)。

仮面

 

コルセット コルセットプラスティック ボトムSK
布だけでなく鉄やプラスティック素材も含む仮面にコルセット、ビーズやパーツ多様のアート作品のようなスカート。
ニットワーク1 ニットワーク2

ニットの作品たち。

人間の身体を内部から外部から研究し尽くして、フィットするという世界観。
体への拘りがしっかりと伝わります。血管のようだったり、骨のようだったりも見えます。

レーススーツ羽付き近写 ボディスーツビーズ ボディスーツレース黒 ボディスーツシルバー ボディスーツシルバー足

代表作のスキンスーツ。レース素材の継ぎ目の無いホールガーメント。

文字通り肌を纏う感覚の衣服でしょうか。

(確認しませんでしたが、どこから着用するのでしょうかね?)

会場内でも存在感は凄かったです。

レザーX布ドレス近写ドレス白

アートの様な作品達。間近で観ないと損です。

ドレス赤

19日(日)まで渋谷西武7Fにて。(4階でお洋服も販売してました)

ファッションウィークもスタートしました。

天候に気を付けてファッションの秋を楽しんで下さいね。

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

KEITA MARUYAMA展覧会

8月も20日過ぎて、何を着ようかと迷う日々です。

ブログを更新しないまま、2ヶ月過ぎてしまいました。体調の変化もあり、すっかりペースを崩しております。

世間には毎日、ブログをUPする方もいらっしゃるので、それは大変、根気強く、素晴らしいなぁと思います。毎日とは言わないですが、見習いたいところです。

ファッションから離れているようですが、ファッションに呼ばれている感もあります。

不思議と離れようとすると引き戻すかのように、以前の職場の方に偶然出会ったり、TVを点けたら馴染みのあるブランドのお洋服を見かけたりと、以前は自分が執着していたモノが、モノの方からこちらに歩み寄ってくる、、、そんな感じもしております。

決して忘れている訳ではなく、自分にとってファッションは日常。切っても切り離せないコトです。

先日、表参道ヒルズで行われていたKEITA MARUYAMAさんの20周年企画の展覧会を覗いてきました。

記憶は薄くなっておりますが、90年代初頭、デパートで勤める友人からも話題を聞いてましたし、自分でも洋服を見に行った覚えが有ります。

そんな90年代から現在2010年代までの約20年間の集積。圧巻でした!

KEITA3

 展覧会のポスター。天辺に座っていらっしゃるのがデザイナーさん。

KEITA2

写真を撮っても良い場所が限られていましたので、少しだけパシャリ。

KEITA1

最終日に慌てて行きました。

会場にはミュージシャンのライブツアー用の衣装や、航空会社の制服など、これまでの軌跡を一同に観ることが出来ました。

パリ・コレクションの作品も懐かしかったです。

一人のデザイナーさんの歴史を感じることができた展覧会でした。

 

コメントはこちらから。

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail