廣川玉枝展 身体の系譜@渋谷西武

3連休は秋晴れと曇り、そして雨となりました。台風が迫っていますので、お出掛けの方、充分お気を付け下さいませ。

廣川玉枝展 身体の系譜~Creation of SOMARTA~

を観て来ました。SOMARTA(ソマルタ)のデザイナー廣川玉枝さんの展覧会です。

展覧会入り口

会場は撮影可の環境。記録を残したい人にとって有り難い(ブログを書きたい人も!)。

仮面

 

コルセット コルセットプラスティック ボトムSK
布だけでなく鉄やプラスティック素材も含む仮面にコルセット、ビーズやパーツ多様のアート作品のようなスカート。
ニットワーク1 ニットワーク2

ニットの作品たち。

人間の身体を内部から外部から研究し尽くして、フィットするという世界観。
体への拘りがしっかりと伝わります。血管のようだったり、骨のようだったりも見えます。

レーススーツ羽付き近写 ボディスーツビーズ ボディスーツレース黒 ボディスーツシルバー ボディスーツシルバー足

代表作のスキンスーツ。レース素材の継ぎ目の無いホールガーメント。

文字通り肌を纏う感覚の衣服でしょうか。

(確認しませんでしたが、どこから着用するのでしょうかね?)

会場内でも存在感は凄かったです。

レザーX布ドレス近写ドレス白

アートの様な作品達。間近で観ないと損です。

ドレス赤

19日(日)まで渋谷西武7Fにて。(4階でお洋服も販売してました)

ファッションウィークもスタートしました。

天候に気を付けてファッションの秋を楽しんで下さいね。

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

KEITA MARUYAMA展覧会

8月も20日過ぎて、何を着ようかと迷う日々です。

ブログを更新しないまま、2ヶ月過ぎてしまいました。体調の変化もあり、すっかりペースを崩しております。

世間には毎日、ブログをUPする方もいらっしゃるので、それは大変、根気強く、素晴らしいなぁと思います。毎日とは言わないですが、見習いたいところです。

ファッションから離れているようですが、ファッションに呼ばれている感もあります。

不思議と離れようとすると引き戻すかのように、以前の職場の方に偶然出会ったり、TVを点けたら馴染みのあるブランドのお洋服を見かけたりと、以前は自分が執着していたモノが、モノの方からこちらに歩み寄ってくる、、、そんな感じもしております。

決して忘れている訳ではなく、自分にとってファッションは日常。切っても切り離せないコトです。

先日、表参道ヒルズで行われていたKEITA MARUYAMAさんの20周年企画の展覧会を覗いてきました。

記憶は薄くなっておりますが、90年代初頭、デパートで勤める友人からも話題を聞いてましたし、自分でも洋服を見に行った覚えが有ります。

そんな90年代から現在2010年代までの約20年間の集積。圧巻でした!

KEITA3

 展覧会のポスター。天辺に座っていらっしゃるのがデザイナーさん。

KEITA2

写真を撮っても良い場所が限られていましたので、少しだけパシャリ。

KEITA1

最終日に慌てて行きました。

会場にはミュージシャンのライブツアー用の衣装や、航空会社の制服など、これまでの軌跡を一同に観ることが出来ました。

パリ・コレクションの作品も懐かしかったです。

一人のデザイナーさんの歴史を感じることができた展覧会でした。

 

コメントはこちらから。

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

KENJIHIKINO@Isetan

ご無沙汰しております。

梅雨の中休みとは言われておりますが、暑い一日でしたね。

本日はFIFAワールドカップ日本戦があり、午前中は人がまばらの新宿でした。

Isetan

目的の新宿・伊勢丹へ。

本館2Fエスカレーター前で開催中の特集コーナーへ。
以前、ショッピングツアーでも立ち寄ったKENJI HIKINOさんのお洋服を見に行きました。

KENJIHIKINO3

トーキョー・ニュー・ブライドという特集。
POP UPSTORE

素敵でうっとりなウェディング・ドレスは勿論、結婚式に行く方に向けてのお洋服、アクセサリー、祝儀袋と雑貨も含めセレクトされてました。6月らしい特集ですね。

デパートなので、写真はNGだと思ってましたが、人が写らないならばとOK頂きました。

KENJIHIKINO1

かっちり綺麗目なセット・アップにワンピース、シャツワンピースにパターンの美しいカットソーシリーズなど。

KENJIHIKINO

オーバーサイズのたっぷりワンピースはイエローやピンクなど可愛い色合い。

このワンピースは本当にシルエットが綺麗で、体型もカバーしてくれるデザイン。

1枚は押さえたいですね。

ご一緒した方は以前にウール素材でご購入されていたので、今回はカットソーのシリーズに注目。

夏と秋用にご購入。とってもお似合いでした!!

また着るほどに満足頂けると嬉しいですね。

Subway

伊勢丹・地下のエスカレーター間のディスプレイ。

またこのような機会があれば、コーディネートのお手伝いしたいと思います。

以上、ショッピング in 新宿・伊勢丹でした。

KENJI HIKINO

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

マドモアゼルC

ファッション映画って観ますか?

以前はファッションに関することは目を通すのが当たり前だったので、殆ど観ていましたが、現在はファッションの外側に居て、改めてファッション業界って?!という目線で観ています。

冬にはバーグドルフー夢のデパートーを観ましたが、こちらはNYにあるデパートが舞台。

本日観た マドモアゼルC “ファッションに愛されたミューズ”

こちらはパリが舞台。

映画ポスター

“59歳。私は今日もピンヒールで歩き続ける” 

このコピー、、、とても惹かれました。

サブタイトルは写真にあるようにーファッションに愛されたミューズーです。それは映画の主役であるカリーヌ・ロワトフェルドが元モデルであったことから表現されたのかなと思います。

ご自身の59歳でピンヒール、想像できますか?(59歳以上の方、失礼致します)

既にスニーカーに走っている自分には到底・無理な感じで、観る前からどんな女性なのだろう?と興味津々。

映画ストーリー

映画館のボードには物語のPR.「ファッション女には70人の敵がいる!!」

ストーリーには新しい雑誌の創刊をする彼女の邪魔をするかのように、フォトグラファーやモデル等々、他のブランドなどに契約されていて、撮影の進行に差し支える場面があったり、急に「協力できない」と断られたり、圧力が掛けられている様子が描かれていました。

70人も敵がいたら、それは大変。

でもそれにも屈せず、次々アイディアを出し、なら、こっちで!、じゃあ、あっちで!と仕事をするのが素晴らしかったし、何よりもドキュメンタリーがプライベートも焦点を当てていて、娘さんの妊娠からお子様誕生、自身がグラン・マ(おばあちゃん)になったのと喜んでいる場面やパートナーが居て、いつも家に帰ると話を聞いて貰えるの。と味方を映していたことは、人間らしさを感じて、とても共感できました。

どちらかと言えば、エディター(編集者)やファッションの雑誌を作ることに関わっている方、カメラマンやモデルの方に観て頂きたい内容。

モデルさんの苦労・大変さも、本人達が語る場面はなくとも、スクリーンから伝わって来ます。何度も「美しい」「最高だよ」って言われながらのポージングや演技。本当に凄かった!

映画館内

ファッションは夢を与える、夢を見させてくれるもの。

何度も映画中に繰り返し、カリーヌが言ってた言葉。この言葉がとても元気を与えてくれます。雑誌が売れない時代に入っている(日本の話です)時に、原点回帰させてくれるような、そんなパワーが伝わって来ます。

また怖そうなイメージのファッション業界ですが、彼女のようなプライベートは家族に愛情いっぱいな人で仕事はしっかり戦闘モード。こんなバランスの良い方、お手本にしたいですね。きっとご自身の才能とセンス、人間性から全ては成り立っているのだと思います。

何だか沢山の元気を貰いました!! 気になる方は是非。

最後に、ドキュメンタリー中、カリーヌの足元(ピンヒール)が何度も登場します。美しい靴のチェックもお忘れなく。

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

POTTENBURN TOHKII2014-15秋冬

デザイナーズ・ビレッジのショールームで行われていたPOTTENBURN TOHKII(ポッテンバーン・トーキー)さんの秋冬を見させて頂きました。

コンセプトは「寒暖」

暖かいものと冷たいものの融合。

暖かい色と冷たい色の融合。

暖かい素材と冷たい素材の融合。

右写真の空調でヒラヒラしているオーロラテープ。こちらのキラキラした素材を何と生地に落とし込むと言う試み。その生地を衿に使った白シャツ↓

「空調のオーロラテープを見ていたら、風を表現したくなって、、、」

ポッテンバーン・トーキーさんのアイディアは突如ひょんな事からやって来る。

テキスタイル(生地)に力を入れているので、デザインはシンプルにしたい。

そんな今年の秋冬の展示会の様子。右から左から撮影してみました。

前からジャケット、タック入りパンツ、プルオーバー、ドレッシーなトップス。

初お目見えのドレッシーなアイテム。

ラメ素材に出会って、それをポッテンバーンぽく表現したら、ドレッシーになったとのお話。

前からワンピース、白シャツ、スカート2種。

私的にズキュン1だったのはこのポケットinポケット。

スカートのポケットだったのですが、色と良い、大きさと良い、ポップな可愛さ。

私的にズキュン2は裏地タック。

通常は表生地の背面に入れるタック。(腕などが動きやすいようゆとり部分を造ります)

コートを開けた時にこのデザインが何とも美しい。

レザーベルトやミトン型手袋も有りました。

最後は銭湯で撮影のビジュアル。黄色い糸は試験的な段階のラメ糸。


素材を見た時に浮かび上がる創造性。そして突如やってくるアイディア。

POTTENBURN TOHKIIさんはそんなモノ創りをしているブランドでした。

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail