JFWランウェイATSUSHI NAKASHIMA

NY→London→Milan→Paris そしてTokyoと2016年春夏・発表の時期が来ました。

場所は主に渋谷ヒカリエで、コレクション、インスタレーション、展示会と渋谷界隈で繰り広げられます。

ぐっと外国人の多くなったATSUSHI NAKASHIMAのショー会場。世界の門扉を開き、進出している様子を伺わせます。  

オープニングは光から登場。

今回のタイトルは「DISCOVERY」スタンリー・キューブリックの映画、2001年宇宙の旅からインスパイアされたもの。

メインカラーは白、黒、赤にカーキ、そして光の色でした。

これまでフェミニンで力強くどこかセクシーなイメージでしたが、時代をしっかりとフューチャーしたメンズを含むコレクションへ移行。
1atsushinakashima_16ss

2016年春夏のタイトルは「DISCOVERY」
スタンリーキューブリックの映画、2001年宇宙の旅からインスパイアされたもので、構築的なディテールで未来的な世界を表現。

atsushinakashima_16ss_05atsushinakashima_16ss_15

フューチャリステックでスポーティなメンズ。

atsushinakashima_16ss_06atsushinakashima_16ss_12

赤が美しいルック。スポーティのコーディネートのお手本。

atsushinakashima_16ss_29

 白、黒、赤のバランスが綺麗なルック。

atsushinakashima_16ss_27atsushinakashima_16ss_23

サンダルもスポーティなデザイン。未来に飛んでいけそうな靴ですね。

atsushinakashima_16ss_51

ショー後半に登場したカーキ色のルック。お気に入りです。

ボンディング地の様にプクッと見える生地は、ネオプレンというものだそう。ニット素材にソポンジを張り合わせ独特な張り感と保湿性を兼ね添えた素材。

生地自体も「発見」=DISCOVERYがあったのでしょうか。

未来意識のコレクションから、リアルクローズを見い出す。そんなランウェイでした。
(Instagramの映像から、音楽と空気感をお伝えできればと思います。)
  
ATSUSHI NAKASHIMA

最初の光と最後の映像以外の写真はFASHION PRESS

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>