JFWランウェイdivka2016SS

10月14日のdivka(ディウカ)のショーより。

遠目で白っぽいなあと思ってましたが、薄く柄の入った生地、ライトグレーでした。

divka_2016ss_001
ヘッドピースも魅力なファーストルック。コレクションのタイトルは「uni-form」。

divka_2016ss_009
ライトグレーに黒が入ってきたルック。肌(色)も含めバランスが良いですね。

divka_2016ss_023
ライトグレーにカラーが入ってきたルック。ドレープが美しいですね。

divka_2016ss_063
間でカラー変化をしながら、ラストは黒。

同じ布でもレザーを使うとハードになりますね。黒にネイビーが入ったルック。
それでもどことなく柔らかい雰囲気が残ります。

所々、大胆に表現するヘッド・ピースに生命をも感じさせる布の力強さ、取り巻く優しい空気に魅力を感じました。

「私達が試みたのは、襟や身頃や袖、生地の表と裏といった部分への分類されないような服作りでした。部分と部分の境界を曖昧にすること。あるいは一つのパターンで表現してみること。divkaは私たち自身も知らない服を作り出そうと試みています。」

会場で配布されたブランド紹介には、そう記してありました。

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>