山口 小夜子 未来を着る人

東京都現代美術館で行われている展覧会に行って来ました。

museum1 museum2museum inside

山口 小夜子さんというファッション・モデルをご存知でしょうか。
資生堂の広告でその姿を思い浮かべる方もいるかもしれません。

ポスター

“パリ・コレクションで初めてデビューしたアジア人モデル
SAYKOマネキンまで作られ、世界のショーウィンドーを飾った
モデルと言われる職業を表現者とした人”

今でいうアジアン・ビューティ。

sayoko

sayoko in white dress

まるで日本人形の様な容姿。
初めて雑誌で見た時の印象はそんな感じでした。

自らをウェアリストと呼ぶ、彼女のコレクションでのキャット・ウォークはとても印象的でした。
まるで洋服が生きているかのようです。
今回の展覧会でも数多く、ファッションショーで歩く映像が有りました。
海外モデルから比べると少し小柄とも思えますが、ショーの中では何故か大きく感じます。


こちらの作品:山口小夜子×生西康典×掛川康典《夢よりも少し長い闇》2015
マネキンのインスタレーションと共に、音、言葉、光、影がコラボレーション。


こちらは躍動しながら音読する作品。
モデルという枠から出て、映画に出演したり、パフォーマンスをしたり、多くの芸術に携わった人としても有名です。
現代のモデルさんも女優さんへの転身など見られますが、
とりわけアンダーグラウンドな音楽やアートに積極的に関わった方だと思います。
会場はいくつか区切られ、人形劇や短編映像、言葉と音楽、そして彼女の美しい表現が随所にありました。

「魂は人という服を着ている…」

そんな言葉も聞こえました。

「着る」事にとことん拘った人。

残念ながら2007年に他界されてますが、私にとっては、とても神秘的な存在でした。

ご興味ある方は是非。(会期:6月28日まで)

東京都現代美術館「山口 小夜子 未来を着る人」

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

POTTENBURN TOHKIIさんNEWアトリエ兼ショップ

ツツジが綺麗な時期ですね。

気温も上がり、外出しやすいシーズン到来。

POTTENBURN TOHKIIさんがデザイナーズ・ビレッジさんから卒業し、新しくアトリエ兼ショップを構えました。

早速行って来ましたよ~

entrance

アトリエ前はお花でいっぱい。4月25日お披露目、26日オープン。
手前がショップ、奥にアトリエという内装。
hunging2
hunging1
店内は2015年の春夏物がびっしり。
bluuches
bags&sundals
show piece bag
人気のブローチやバッグにサンダル、リュック(こちらはショーピース)などポッテンさんの世界満載!
wall DP
ハンドメイドの照明。ディスプレイもポッテンさんらしさを感じました。
shirts
シャツを購入しました。(実は秋冬しか持っておらず、春夏デビューしました^^)
早速、お仕事に着て行く予定。
2015-16AWphotos
こちらは現在、出張中の2015-16秋冬物のビジュアル。
来期も楽しみですね。

5月から毎週・土曜日はショップ・オープンの予定だそうです。
(不定休の為、blogで最新情報をチェック!)
POTTENBURN TOKIIワールドでショッピングが出来るなんて嬉しいですよね?
「秋冬も予約したい~」ってリクエストも可能ではないでしょうか。

浅草もスカイツリーもすぐ近くの場所。是非、お訪ねくださいね☆

*本日のアクセス:銀座線「稲荷町」3番出口を出て仏具屋さん「翠雲堂」(スイウンドウ)方面に直進。
座り食い「そばやさん」を左に曲がり、サンクスを右に曲がる。50mほどの右手側。徒歩7~10分くらい。

HP
facebook
blog

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

IN-PROCESS BY HALL OHARA 2015-16AW

先週は1週間ファッション・ウィークと題して都内各所で2015-16年の新作がお披露目でした。

IN-PROCESS BY HALL OHARAさんのコレクションに行って来ました。

今回のテーマは「dekor」=デコール(ドイツ語でデコレーションの意味)

~バウハウス、アール・ヌーヴォー、70Sのテキスタイル/プリント・デザインのノスタルジックな要素を調和的なミックスで作り上げた今季のコレクション~

個人的に好きな単語が並んでいて、期待が膨らみます。

xINPROCESSBYHALLOHARA-20150318_firstlook (427x640)

 

ファーストルックはブルゾンから。

デザインはスポーツテイストで有りながら、インプロセスさんらしいプリントがフューチャーされてます。今年の秋冬はコートの下にこんなブルゾンも良さそうですね。

INPROCESSBYHALLOHARA-20150318-halfpants (427x640)

 左右でプリントの違うハーフパンツ。

INPROCESS20150318_setup-knit (427x640)INPROCESS20150318_setup-camel (427x640)

 ベージュ系の色合いも秋冬は注目。ニットのセットアップやスーツ。

INPROCESS20150318_setup (427x640)INPROCESS20150318_flowerdress (427x640)

パープルやグリーンを含んだヨーロッパ調の色合い。

デコレーション=装飾をプリントで感じさせます。

INPROCESS20150318_dress&crachi (427x640)INPROCESS2015-16AW dress (427x640)

異素材の袖がついたワンピースや、フレアーなシルエットも素敵でした。

INPROCESS20150318_cheked coat (427x640)INPROCESS20150318_cheked sk&pt (427x640)

チェックや格子柄のコーディネート。

INPROCESS20150318_deco (427x640)

こちらのルックも印象的でした。レイヤードのスタイリング。

INPROCESS20150318_printed bag (427x640)

クラッチやショルダーバッグも登場。お洋服とお揃いって魅力ですね。

柄on柄もたっぷりのコレクション。色や柄が好みの方は全身でハマリそうですね。

写真は全てFashionsnapさんから。

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

helter skelter2015春夏・取材

久しぶりに展示会にお邪魔して、helter skleter(ヘルタースケルター)さんの春夏物を見させて頂きました。

ボディ1

定番のAラインワンピースがお出迎え。

(null)

(null)

(null)

全体像は春夏らしい軽やかな素材感です。

今回はデザイナーさんに取材して来ました!

こちらのブランドさんは、数型は海外生産ながらも国内生産が殆ど、4人のデザイナーさん達がチームでメイド・イン・ジャパンの物創りをされています。

Q. コンセプト、着目点は有りますか?

麻素材を使ったり、サンプルを明るい色で作ったり、全体的に明るさを意識し、早目の夏を作りました。

Q. 新しい試みは?

若いデザイナーの良さを活かすこと。

Q. お勧めのアイテムは?

生成のブラウス。同色異素材で仕上げました。3種類の生地を使っています。

生成りBL1

Q. helter skelterを好きな方に伝えたいことは?

他のブランドと組み合わせて、その人なりに着こなしを自由に選んで欲しい。その人なりのコーディネートを楽しんで欲しい。

これまで、デザイナーさん達には数多く接してきた方ではありますが、通常は自社、または自身のブランドで固めて欲しいとの答えが予想できます。

しかしhelter skelterさんは靴から帽子まであるトータルコーディネートのブランドではありません。オンリーショップもなく、セレクトショップに一部置いてあるそんなブランドさんです。

ブランドの立ち位置を判った上での、ファンの方へのご提案ということでしょう。

セレクトショップに並び、ユーザーが気に入ればリピートする。そうしているうちにこのブランドの服がワードローブを占めていく。気が付けばお洒落したい日に着用している。こんな流れが読み取れそうですね。

 

helter skelterにはこちらでも出会えます↓

web shop

web shop stores jp店

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

ESPRIT DIOR ディオールの世界

Diorの展示は銀座4丁目の交差点から1分位歩いて、3丁目のビルで行われていました。

携帯を持って探していると、黒服のスタッフが2人、カーテンを開けてどうぞと中へ誘導してくれました。

IMG_5966.JPG

街の音が消え、ディオールの世界へ。
1階2階と地下のある、3階建てのビルでした。

IMG_5925.JPG

IMG_5923.JPG

想像以上にアートやアーティストと深く関わっていたメゾンである事が判りました。

IMG_5932.JPG

IMG_5931.JPG

クリスチャン・ディオール自身がギャラリーのオーナーをして折、ピカソデュフィブラックダリジャコメッティキリコレオナール・フィニに親友のクリスチャン・べラールの作品を飾っていたと有ります。

IMG_5942.JPG

芸術からファッションの世界に行き、アートな洋服が生まれるのは自然な流れ。また日本文化に憧れ、刺繍や生地を取り入れたとも有りました。

IMG_5938.JPG

IMG_5936-0.JPG

着物のようなスリーブに帯、刺繍が見られました。

IMG_5947.JPG

赤いシリーズはミニチュアで制作されてました。とても可愛かったです。

IMG_5953.JPG

IMG_5951.JPG

美しいヴィジュアルが各所に展示。足を止めてうっとりしてしまいました。
星座の画面があり、星をタッチするとDiorミューズが観れる展示も。

IMG_5954.JPG

IMG_5956.JPG

3階に上がるとライブラリーとなっていて、関連書が陳列され、自由に読めるスタイル。
海外で欲しい!持って帰りたい!だけど重いし、ムリ。
と諦めた方、こちらに分厚い本もありましたよ。
バックの写真はDiorをオマージュした各アーティスト、職人さんの作品。

IMG_5963.JPG

IMG_5959.JPG

地下に降りるとマリエ(ウェディングドレス)がずらり。
職人さんがレディ・ディオールのバックを作る実演スペースもあり、熱心に手元を見ている方が居ました。

IMG_5958.JPG

こんなに魅力たっぷりの展覧会が無料で開催。
ファンは勿論、ファッションに浸りたい方、美しいものが見たい方、行くしかないですよ。
最新のラフ・シモンズまでディオール・メゾンの歴史が詰まった展示、好きな人にとっては贅沢三昧です。

最後はDior化粧品の映像。


ESPRIT DIOR ディオールの世界オフィシャルサイトはこちら

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail