LONDONコレクション-Matthew Williamson-

12月も5日過ぎましたが、なんだか暖かくて日常は過ごしやすいですね。

そのうちキュ~っと寒くなると思いますので、天候と体調管理にご注意下さいませ。

ロンドン・コレクション、本日はMatthew Williamson (マシュー・ウィリアムソン)。

H&Mとのコラボレーションも有りましたが、日本では余り知られていない印象です。

どんなお洋服でどんな表現をしているのでしょう?

最初のルックはオレンジ!カラーが目を引きます。

 しばらくオレンジやピンクが続き、イエローへ移行していくコレクション。

春夏らしいシースルー、ビタミンカラー、フラワーモチーフなど登場。

ストライプのルック2種。 エレガントなスタイルに使えそう。

このブランドの特徴と言えば民族調。

何か土着的なエッセンスを取り込んだスタイルはずっと以前より続いています。

どんどん磨かれて行き、「何処どこの~」では無く、すっかり「マシュー的~」なと表現できそう。

 トンボ?チョウ?のようなプリントが美しいパンツ・ルック。

洗練されつくしたエスニック・エレガンスとでも言いましょうか?

最後のルックは完全シースルーのドレス。

来年、これが流行したらどうしよう?と苦笑してますが、シースルーは何かしら流行の兆しですね。2013年の夏・既にショートパンツに透けた素材の羽織をしている方を見掛けました。

まだシースルー・アイテムが無い方、今のうちにチェックですよ。

マシュー・ウィリアムソンの世界、少しは伝わりましたでしょうか?

*写真はThe FASHION SPOTさんより

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。