COMICO ART MUSEUM

暖冬ですね…

大分県由布市にあるCOMICO ART MUSEUMに行きました。湯布院町に位置するこちらは現代アートの美術館で2017年に開館し、2022年に別館オープンとの事で、以前から気になっていた場所です。

湯布院は由布岳を望む温泉のまち、流れる川や湖には温泉水が混じり、冬の空気との温度差がある日には湯気立ち、神秘的な風景を楽しむことができます。朝、散歩をしておりましたらシラサギが居ました。綺麗な水の証拠ですね。

COMICO ART MUSEUM 外観

前日の雨が溜まっていた屋根から降り落ち、美術館の壁面にある水場に落ちて水輪(すいりん)が出来るのもまた美しかったですが、こちらは計算したものではないとの事でした。

整然とした作品が美術館という箱の中で静かに語ります。絵画ではなく写真です。いつまでも見ていたくなります。立体も普遍・永遠的なデザインというべきでしょうか、こちらのトップに乗っている形が上にほんの少し伸びたデザインになっていて、まるで見えない何かに繋がっているような何とも言えない魅力でした。

杉本博司さんの作品。

ドクロが描かれていました。様々な表情があります。

村上隆さんの作品ではお花のキャラクターが有名ですが、どちらも大量に描かれているのが特徴です。作品のお花やドクロの表情の違いは一つ一つ個性と共に一人一人への愛情なのではと思いました。

数字が床に吸い込まれていく宮島達男さん作品「Time Waterfall」

窓の外は湯布院の自然風景、お天気だと光が取り込まれ、作品とコラボレーションします。こういった作品の展示は、見るたびに表情が変わり、瞬間瞬間が一期一会になりますね。隈研吾さん手がけた建築含めて、作品を魅せるデザイン力を感じます。

本館→別館→本館2階へと順路を辿ります。

奈良美智さんの犬の作品はかなり撮影者が多く、なかなか人がいない時に移すのが大変でした。名和晃平さん、森万里子さんの作品が豊かな自然の中にマッチしておりました。この日は晴れておりましたが、曇りや雨の日、違う季節も気になります。

美術館鑑賞の後は金鱗湖を周りました。湖では鯉やフナが優雅に泳ぎます。その後は天井桟敷(亀の井別荘のカフェ)でお茶をして余韻に浸りました。大分県の湯布院へ行こうとなった時は、現代アートに触れながらの観光もお勧めです。

COMICO ART MUSEUM

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail